私のメンテナンスケアの方向性で重要なポイントの一つが
筋肉をいかに”ほぐせるか”です。
これは大切なテーマです。

硬いイメージがあるかもしれませんが、
一流のアスリートの筋肉は、非常に柔らかい。

普段の筋肉は芸術的に繊細でほぐれている。
だから、血液がからだ全身にしっかり流れ、
心臓・脳、大切な部分に血液が流れる。
だから疲労が蓄積しない。
その結果、試合、レースで結果をだせるし、故障が少ない。
一般の人の筋肉は、運動低下、活動範囲の縮小
車社会、電化製品の進化、
睡眠・食事・運動のバランスの麻痺、ストレスの多様性、
さまざまな要因で筋肉の硬い方が増えている。

腰痛・肩こり・神経痛・疲れやすい、
皆さん、普段の生活、苦労されている事でしよう。
筋肉の”質”に関して、”体質改善”していけば、
血管の質や、赤血球・白血球・血小板の質も数値も向上し、
骨密度も安定、高齢者の方の転倒防止にも繋がる。
全身の筋肉と脳細胞は繋がっている為
筋肉の質を進化させる事は、脳細胞の活性化にも繋がる。
痴呆症・物忘れの防止にも繋がる。
筋肉は、大切な、重要なポイントなんです。
年齢に関係なく、筋肉は成長できます。
筋細胞は、無限に成長します。

ここで重要なポイントは、どう成長させるか?です。

現在、私も日々のメンテナンスケアで追求しています。
5年目を迎え、現会員様のメンテナンスケアの頻度と
効果の相関関係・効果測定を取り組んでいますが、
1年以上、月2回での継続されている方は、
ほぼ、100%プラスに繋がり、
健康診断の結果、も良好。
日常生活も快適で、風邪も全員ひいていない。
明らかに免疫力も向上しています。
やはり、筋肉の量をおとさない事・筋肉を定期的にほぐす事・
関節を日々硬くしないように柔軟性をキープする事が、
大切なテーマです。

皆さんも日々の日常生活で、
少しだけ自分のからだの筋肉を意識して、
メンテナンスケアに取り組んでみて下さい。
ココロの筋肉も大切ですよ。

ココロ・キープオン↑ には、
どう改善し、どう成長させていくのか?
そのヒントがあります。


感謝・情熱・合掌。
ココロ・キープオン↑。

佐土原 哲直。
c40b1304.gif